■ オーディオ隔離病棟 ■

〜 電線病病棟:デジタル・ケーブル 〜


「なんで、デジタルケーブルで音が変わるんだ!?」
電磁波の影響、外来ノイズ、振動、金属部の誘起電圧ノイズ、エラー訂正による音質変化・・・・・・、等々、いろいろ取り沙汰されていますが、 おそらくはいろんな要因が絡んでの音質変化なので、その尻尾を捕まえるのはなかなか難しいものです。
結局は、実際使ってみて、どのケーブルが音質が良かったと感じたか、になってしまいます。
つまりはアナログケーブルと同様。
世の評判が良くても、実際、使ってみて気に入らないようなケーブルならば却下。
そうやっていくつかLANケーブルやUSBケーブル等も含め、個人的に気に入ったデジタル関連のケーブルを集めてみました。

文中に「アメリカでは」とあるものは「オーディオ関連リンク集」のオーディオショップ編にも出ている、 その名もThe Cable Companyというショップで購入した場合を主に示しています。 価格は日々変動している上に、ドル・円レートも刻々と変わりますので、多少異なる場合があります。

PAD Proteus Digital Int.


PADのデジタルケーブルは、音の鮮度とS/Nの良さに優れ、他の同社のケーブルの特徴である線の細さが目立たず、情報量が抜群で、 今のところこれを越えるデジタルケーブルは知りません。写真はXLRタイプです。 価格は1mものXLR->XLRタイプで、アメリカでは$550.00です。

AIM SHIELDIO NA3


LANケーブルはカテゴリー7等も出ていますが、カテゴリーが上になれば良い音、とは限りません。
このAIM SHIELDIO NA3 R015、 1.5mで2013ネン11月現時点ではAmazonで33,809円で購入出来ます。
とにかく透明感と音の質感の確かさは抜群。
AIM NA1も良かったのですが、より低域への ワイドレンジ感と透明感がupして見事です。

BELDEN 1874A CAT6 LAN cable


PRO CABLEのWebで安くて良いLANケーブルはないかと探していて見つけたのがコレです。 BELDEN 1874Aのカテゴリー6のLANケーブル。1.5mモノで3,800円ですが、なかなかどうして、透明感や分解能では AIM SHIELDIO NA3には及びませんが、弾力のある、 弾む音が見事で、生き生きと音楽を再現してくれます。

AIM SHIELDIO USB cable


一番上のスピーカーも映っている写真で、左の方へ伸びている黒いUSBケーブルが、 AIM SHIELDIO USBシリーズです。
AIM SHIELDIO USBシリーズのケーブルを見つける 見つけるきっかけとなったのが、 HiVi(ハイヴィ) 2013年 1月号 の特別付録 HiVi特製 20cm AIM SHELDIO UAC USBケーブルというのがありまして、拙宅ではAIMのLAN ケーブルを使っていて好印象だったので、USBケーブルで出ているのなら、取り寄せてみようと思って、購入した次第です。
まぁ、格安というほどではないですが、Webでは AIM SHIELDIO USBシリーズを見ると、1.5mで13,650円、3mは19,950円と、リーズナブルな価格かと思います。

WIREWORLD PLATINUM STARLIGHT USB


トップレベルにあると思われるのが、WIREWORLD PLATINUM STARLIGHT USBです。
とにかく、エネルギー感と音の密度が凄いです。
/A 従って、ジャズ等に向いているのですが、クラシック音楽では透明感のある、 AIM SHIELDIO USBシリーズに一歩譲ります。
お値段は、USBケーブルとしては目が飛び出かねないほど。1mモノだと、標準価格が75,600円。5mのロングタイプは176,400円!
本当は3mモノが欲しかったのですが、126,000円で買値でも100,800円(joshinweb.jp)と手が出ませんで、仕方なく、2mモノを購入して お茶を濁しました。それでも80,640円!
その下位モデルに「SILVER STARLIGHT」というのがあって、2mモノが買値で35,280円。でも、 音的にはこの、PLATINUM STARLIGHT USBにはちょっとほど遠く、あのエネルギー感が見られません。

WIREWORLD Super NOVA 6 TOSLINK


パソコンのTOSLINK端末から直接、TEAC A-H01につなぐことが可能です。
画像は2mモノですが、パソコンからだと5m必要です。
WIREWORLD Super NOVA TOSLINKは5mモノでも購入価格では 3万円を切り、Joshin Webで購入すると、29,400円です。

音的には、オーディオクエストのDiamondよりもちょっと華やかですが、オーディオクエストは1.5mモノまでなので、必然的に 長尺モノを入手しようとすると、それなりの水準のものを選ぶなら、あとはサエクくらいでしょうか。
光接続では、けっこうエネルギー感もあり、LINN Renew DS -->ALLEN & HEATH XONE:92 --> TEAC A-H01もけっこう良い音ですが、決して負けていません。
ただ、ノートパソコンには光出力が無いものがほとんどなので、皆さんにお勧め出来るというわけではないのが、本当に残念!

Acoustic Fun's German State of the Art Multi Fiber


「国産の水晶」のオーディオ光ケーブルより優れているとPRO CABLE社の 光ケーブルのコーナーで説明されていますが、光学特性云々よりもなによりも、ノイマンのケーブルと組み合わせると、 俄然、音の鮮度が上がって、エッジが立ち、音のつながりが良いのには驚かされました。
よくよく考えてみたら、ノイマンのマイクロフォンケーブルも、この光ケーブルも、同じドイツ製。 音のベクトルが似ているんですね。
ただ、2mモノまでしかなく、値段も15,800円と、少々高価。
試しに、パソコンを近づけて、WIREWORLD Super NOVA 6 TOSLINKの代わりにTEAC A-H01に 繋げてみました。WIREWORLDよりも浸透力のある中高域と、エネルギー感あふれる低域が魅力的で、つくづく、長尺モノを出して欲しいと 願う次第です。
PRO CABLE社のWebから注文が出来ます。


Last update Nov.20.2013